公立と私立の通信制高校の学費はどれくらい違うの?

HOME > 公立と私立の通信制高校の学費はどれくらい違うの?

公立の通信制高校の学費は、各高校によっても違いますが、 およその目安としては、年間約2万円。 授業料は無料となっていますが、教科書代などの料金は発生します。

それに対し、私立の通信制高校の学費は、これまた各高校によって大きく違いますが、 目安としては、年間約15万円から30万円ほどとなっています。

通信制高校の補助的な存在である「サポート校」にも通うことになると、 さらに学費はかかることとなります。

このように、私立の料金を見てしまうと、公立の通信制高校の学費が安いことが目立ちます。 そのぶん、公立では自分で学習をしていくことが求められます。

一方で、私立の通信制高校では、先生のサポート力が強い高校が多く、 3年できちんと高校卒業できるような体制が整っているともいえます。

そのため、自分で学習を進めていくことがなかなか難しいと考えられる場合には、 私立の通信制高校を選択することがよいかと思います。

私立であれば、通信制高校によってそれぞれに、
・不登校のサポートに強い
・大学進学へのサポートに強い
など、各高校に大きな特徴を持っていることも多く、 それぞれの生徒に合わせた高校選びができるというのも大きなメリットと言えます。

しかし、私立のほうが公立よりも明らかに多くの学費が必要となりますので、 そのへんのことも考慮に入れつつ、通信制高校選びをしてみてください。

学費の面で不安のある方は、高校へ一度相談をしてみましょう。 学費に関しての相談窓口が設けられている通信制高校も多いです。

奨学金や学校独自の制度・教育ローンなどが利用できることもあります。 このあたりは、言葉は悪いのですが、 知っている人だけが得をする的な側面もありますので、気軽にまずは相談をしてみましょう。

私立通信制高校選びであれば、まずは通信制高校無料資料一括請求の利用をオススメします。

あなたがお住まいの地域に対応している通信制高校の資料を、 一度にまとめて取り寄せることができます。

クリック365